妊娠線を消すには?産前・産後のケア方法

妊娠線

気をつけていたのにできてしまった妊娠線・・・。
一生消えないといわれていますが、消すことはできるのでしょうか?

 

妊娠線は、できたばかりの時は赤紫色をしていますが、時間が経つと白っぽくなっていきます。
目立たなくはなりますが、やはり一度できてしまうと完全に消すことはできません。
しかし、新たな妊娠線を防ぎ、色を薄くするには以下の方法があります。

 

 

★保湿をする
乾燥はお肌の大敵です。妊娠線も例外ではなく、保湿をしっかり行うことで、妊娠線ができるのを防いでくれます。
ベビーマッサージでも使われているホホバオイルを買っておくと、赤ちゃんが生まれた後も何かと重宝します。
また、妊娠線クリームも各メーカーから色々なものが発売されているので、(※下記で紹介しています)
自分に合ったものを選ぶと良いでしょう。

 

★新陳代謝を良くする
お肌のターンオーバーが良くなると、活き活きとした肌になり、妊娠線ができてしまった箇所だけでなく身体全体の美肌につながります。
妊娠線ができてしまった真皮のターンオーバーは5〜6年ととても長くかかり、これが一度できた妊娠線が消えないと言われている原因の一つです。
新陳代謝を良くするには、食生活を見直すことが重要です。

 

血流を促す食べ物(レバーや納豆など)を食べ、温かい飲み物を飲むことを心掛けると良いでしょう。
また、適度な運動をすると代謝が良くなるため、非常に大切です。

 

この他に、どうしても妊娠線を消したい人向けに「レーザー治療」をする方法もあります。
ただ、こちらは費用もかさみますし、時間が長く掛かることもあります。

 

一度できてしまった妊娠線を消す(目立たなくする)には、ある程度の努力と時間が掛かりますが、いつまでも綺麗なママでいるために頑張りましょう。

 

 

 

<古い妊娠線・肉割れのアフターケアで人気アイテムとは>
当サイトでは、「ノコア」というアイテムをオススメしています♪
効果や特徴が気になる方は是非ご覧になって下さいね^^